551の豚まんの代わりになるか?話題の羅家 東京豚饅とその他の候補

2021年の11月25日に恵比寿に開店した「羅家 東京豚まん」は”551蓬莱の初代の孫と言う方が監修した”と言うプレスリリースが出て話題になりました。プレスリリースがこちら

大阪土産の定番『551 蓬莱』の創業者 羅 邦強の孫が監修!「羅家 東京豚饅」が11月25日(木)恵比寿にオープン!

「羅家 東京豚饅」は、全国的に知られる大阪土産の定番「551蓬莱」創業者、羅 邦強の孫であり、マーサーオフィスの代表を努める羅 直也が創業者の味を再現した豚饅専門店です。幼少期から創業者と共に暮らし、「商売のいろは」や「食」について身近に学んできた羅 直也が、「東京でも“あの豚饅”の出来立ての味を気軽に味わってもらいたい」と出店。職人の愛が詰まった手作りにこだわり、出来立てが命というポリシーを受け継ぎ、ネタ(皮)の発酵、カヤク(餡)の配合など、創業者の味を再現した完全無添加の豚饅を提供します。

創業者のレシピを踏襲する「羅家 東京豚饅」の具材は、厳選された質の高い豚肉と玉ねぎの2種類のみです。豚肉は異なる部位を3つ使用し、玉ねぎとバランスよく混ぜ合わせ、醤油や砂糖、塩などの調味料を直伝のレシピで配合し、食感やうま味を引き出します。MERCER OFFICE株式会社のプレスリリース

これに反応したのが551が大好きな東京在住の人達で「これで東京で551の豚まんが買える?!」と期待は膨らみます。

その反面、このお店の運営会社はMERCER OFFICE 株式会社で、おしゃれなレストランやカフェやシフォンケーキのお店などを展開している会社で551とは資本関係が無いと言うことで懐疑的な見方もありました。

そこで関西人で551をこよなく愛するさわけんが食べ比べて見ました。

チェックポイントは「551と比べてどう違うか」ですね。
料理は同じ配合でも作り方が違えば違う味になりますので、仮に同じレシピで作っても玉ねぎの炒め具合や生地の発酵具合によって感じる味は違うのです。

なので今回の東京豚饅は店自体が違うので当然味も違うはずです。
元々、551のコピーを目指して作っていない気もするのでどう違うかが気になりますよね。
個人的には皮の感じが同じだったらいいな〜なんて思っています。

実際に買いに行ったのは12月6日。
その日は朝、目黒でお仕事があったので仕事終わりにお店に電話をして買えるかどうか確認しました。

というのも東京豚饅は開店から長蛇の列で、連日早い時間帯に完売となっていたからです。
皆さんの期待度が伺えますね。

電話したら”整理券を配っているので”と言う返答。
いつの整理券か確認したら4時からの”整理券です”と言うことなのですぐ行きます!と恵比寿に向かいました。

ところが目黒駅に着いたらなんとJR山手線外回りが止まっています。
恵比寿まで一駅なのに動けません。
タクシーか〜?豚饅買いにタクシー乗るくらいなら551の通販で買うよ〜とか思いつつ迷っていると、超聞き取りにくいアナウンスでどうも山手線外回り以外は動いているので大崎に行って湘南新宿ラインに乗れますよ〜との事。

もー早く言ってよ〜と内回りに乗り、恵比寿に到着。
雨の中お店に行ったら整理券の配布だけやっていました。
なんやかんやあって受け取った整理券がこちら

受け取りまで小一時間あったのでコーヒ飲んで雨宿り後に無事受け取りました。
そして受け取ったのはこれ!

どことなく551感あり? 商品は同じ様な豚饅なので似て当たり前か。

で肝心の中身はこれ。
左が東京豚饅で右が551です。

551と比べてみると包みが乱れ気味でしょうか。まー551も乱れている物に当たることもあるから大したことではないか。
横からみたら

東京豚饅は横に広く551は高さがある。
大きさが違う?と思い重さで比べると

東京豚饅は140g

で551は147g

若干551が大きいですがほぼ誤差。
それより見た目が東京の方が大きいので、今回買ったものは551の餡比率が高いのか、餡の重さが同じなら(多分違うけど)551より東京の方が発酵していると考えられます。

切ってみると

東京豚饅の方が気泡が大きめで皮は均等、551は気泡がつまり気味で餡の上に皮がどっかり乗っています。

食べてみると見た目通り、東京豚饅の皮は551と同じようなゴワッとした感じで食べ応えもありますが、551より軽く味が薄めに感じます。

皮はよく発酵する=気泡がたくさんできて、もしくは気泡が大きくなって気泡の壁が薄くなり、感じる味は薄くなります。

餡の味は明らかに違いがあり、551が火を通した玉ねぎをかなり入れて「甘みと刺激」を出しているのに対して、東京豚饅は玉ねぎの甘さはあるが玉ねぎ自体の量は控えめで刺激を感じるほどの量は入れず、胡椒でアクセントをつけた感じの味です。

餡の方向性が全く違うのでやはりコピーするつもりでは無いのでしょうね。

皮は味に若干の違いがあるがよく似ているので大筋似ている。餡は胡椒が効いていて少し違いがある。

こうなると551の代替え品というよりは「味のバリエーションが増えた」的な捉え方でも良いかも知れませんね!

因みに東京豚饅も恵比寿にしか無いし並ぶしなかなか買えない〜という人にはコレ

ファミマの黒豚饅という手もあります。

ファミマの黒豚饅は皮がちょっとゴワッとしている系で551っぽさがあります。
コンビニ商品なので551より滑らかでふんわりしていますが感じが似ているのですよ!

そして餡は塊の豚肉が入っていてワイルドで醤油味ベースなので玉ねぎ押しの551とは違いますが、トータルで551系の味と言っても良い感じの美味しさです。
とりあえずコンビニで今期買える豚饅で一番551っぽい感じなのでお試しあれ〜

キッチンまわり評論家・科学する料理研究家 さわけん

最新情報をチェックしよう!
>フランスのレストラン経験と豊富な知識と論理性

フランスのレストラン経験と豊富な知識と論理性

こんにちは科学する料理研究家・さわけんです。
さわけんの仕事はスターダストマーケティング所属の料理タレントです。 「教える」「料理審査」「モノの評価」「しゃべり」「少しの毒」が持ち味です。
そしてキッチンまわり評論家です。 日本で一番たくさんの調理器具、調理家電を試し、日本一食品の食べ比べをしています。
よく出る媒体は雑誌モノクロや家電批評などで、調理家電や調理器具、コンビニ食品、PB食品、缶詰、冷凍食品、レトルトから原材料まで何でも実際に使って食べて精通しています。その数1万点以上!
料理講師としては辻調理師専門学校で助教授を務めた実力派。フランスの2つ星レストランで働いた経験があります。
豊富な知見で飲食店のメニュー開発や地方のお土産などの商品開発も得意です。
テレビのバラエティー番組で長年フードの責任者をやっていたので食系動画企画監修、映画やテレビのフランス料理監修や料理人の所作指導もやります。
フード系動画コンテンツ企画の立案や炎上しないための監修から出演まで承ります。

CTR IMG