鴨胸肉をフライパンで焼く方法

鴨胸肉をフライパンでロゼに焼く!

冷凍の鴨胸肉(マグレ)をフライパンで皮をカリッと薄く、中をピンク色に焼く方法です。
330g程度の大きさの鴨胸肉(マグレカナール)を鴨から出た脂をかけてロゼに柔らかく焼きます。
マグレカナールはフォアグラを取った後の鴨胸肉で元々あまり柔らかくはないので、じっくり調理しないと硬く仕上がります。
ポイントは ・ピンクに仕上げるため室温に1時間戻してから時間を測りながら焼く事
・肉に掛ける脂の温度を上げ過ぎない事
・皮の脂を追い出して香ばしい焼き色をつけ、食感はサクッと焼く事
・寝かし時間を長く取る事 が重要です。
中でも油の温度が高すぎると鴨肉の縮みが大きく硬くなるのでよ〜く音を聞いてくださいね!

 
最新情報をチェックしよう!
>フランスのレストラン経験と豊富な知識と論理性

フランスのレストラン経験と豊富な知識と論理性

こんにちは科学する料理研究家・さわけんです。
さわけんの仕事はスターダスト所属の料理タレントです。 「教える」「料理審査」「モノの評価」「しゃべり」「少しの毒」が持ち味です。
そしてキッチンまわり評論家です。 日本で一番たくさんの調理器具、調理家電を試し、日本一食品の食べ比べをしています。
よく出る媒体は雑誌モノクロや家電批評などで、調理家電や調理器具、コンビニ食品、PB食品、缶詰、冷凍食品、レトルトから原材料まで何でも実際に使って食べて精通しています。その数1万点以上!
料理講師としては辻調理師専門学校で助教授を務めた実力派。フランスの2つ星レストランで働いた経験があります。
豊富な知見で飲食店のメニュー開発や地方のお土産などの商品開発も得意です。
テレビのバラエティー番組で長年フードの責任者をやっていたので食系動画企画監修もやります。
フード系動画コンテンツ企画の立案や炎上しないための監修から出演まで承ります。

CTR IMG